猫の毛がつきにくい服はどれ?おすすめの素材

猫の毛 つきにくい 服
猫を飼っていると、服が毛だらけになりますよね。
私も、長年猫を飼っていたので、着る服が限られていました…。

 

そんな私がたどり着いたのが、「素材に注意する」こと。
ツルツル・さらさら・パリッとした素材の服を選ぶと、猫の毛がつきませんよ!

 

具体的にどんな服だと猫の毛がつきにくいのか紹介しますね。
全部で4種類のアイテムと3種類の素材をまとめましたので、参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

猫の毛がつきにくい服の種類とは?

猫の毛 つきにくい 服
猫の毛がつきにくい服は、ツルツルした化繊や綿素材がおすすめです。
これらの素材は、普段着からオシャレ着まであるため、シーンに合わせて使い分けましょう。

 

ジャージやシャカシャカ

ルームウェアとして選ぶなら、ジャージがおすすめ。
ポリエステルやナイロン素材が多く、生地表面がツルツルしているので、猫の毛が付着しにくく払えばすぐに落ちるメリットがあります。

 

ただし、化繊だと静電気を帯びやすいため、静電気防止スプレーを併用するといいですね。
無臭の静電気防止スプレーを、ジャージの裏側からかけてみてください。

 

デニムパンツやスカート

普段着またはオシャレ着に選ぶなら、デニム素材がいいですね。
デニムは、ブルーデニムやホワイトデニムなら、ほぼ猫の毛がつきません!

 

注意したいのは、ブラックデニムやニットデニムですね。
デニムは張りのある素材のほうが、猫の毛がつきにくくおすすめです。

 

また、デニムは猫ちゃんの爪で皮膚が痛くなる心配もありません。
デニムは厚みのある生地なので、元気な若い猫ちゃんを飼っている家庭なら、抱っこしたときに爪で痛くなりませんよ。

 

綿やリネンのシャツやワンピース

「できるだけ天然素材を選びたい」
そんな人には、綿やリネン素材がおすすめです。
デニムと同様に生地に張りがあるので、猫の毛が付着しにくくなります。

 

私が猫を飼っていたときは、綿やリネンの服をよく着ていました。
もともと私は肌が弱い体質なので天然素材を選んでいたら、自然と猫の毛もつきませんでした。

 

化繊だと猫の爪が引っかかると生地が傷みますが、天然素材ならその心配もなし。
天然素材は猫ちゃんにも優しいので、飼い主さんと猫ちゃんどちらにも優しい素材を選びたいなら、ナチュラル系ファッションを選ぶといいですね。

 

シフォンシャツやワンピース

オシャレ着として選ぶなら、シフォン素材の服がいいですね。
オーガンジー素材のブラウス、シフォン素材のスカートやワンピースなどです。

 

ジャージと同じように、化繊で表面がツルツルしていて毛がつきません。
コロコロがまったく要らないくらいなので、急いで出かけなければならないとき用に数着用意しておくといいですね。

 

猫の毛がつきにくい服の素材

猫の毛 つきにくい 服
猫の毛がつきにくい素材は、サラサラしたものか混合率の少ないものです。
ポリエステル・レーヨン・ナイロンなど化学繊維か、綿やウールなど天然繊維なら混じりけのない100%のものを選びましょう。

 

レザー

猫の毛がつきにくいのは、レザーパンツやジャケットなど。
ソファーも猫の毛がつきやすいので、レザー素材を選ぶ人は多いですよね。

 

レザーは表面がツルツルしていて、猫の毛がほとんどつきません。
ただし、爪でレザーの表面が傷つきやすいので注意が必要です。

 

レザー素材は猫の毛はつきにくいけど、抱っこは禁止。
また、爪で傷をつくのを防ぎたいなら、合皮よりも本革を選ぶといいですね。

 

サテン

化繊のなかでも表面がツルツルしたサテン素材は、猫の毛がつかないトップクラスの素材。
パジャマ素材としてもよく使われています。

 

 

サテンは生地に光沢がある素材で、シルクのような見た目です。
天然素材ならシルクもおすすめですが、シルクは高価な素材なので、猫の爪がひかっかると台無しになるので安価な化繊のサテンがいいですね。

 

綿やリネン100%のもの

混紡素材は素材の組み合わせによっては、静電気がおきやすくなります。
猫の毛がつくのは生地の表面が毛羽立っていることもそうですが、静電気も原因のひとつなので注意しましょう。

 

とくに注意したいのは、以下の素材の組み合わせです。

  • ウールとポリエステル
  • ウールとナイロン

 

ニットやコートは化学繊維を組み合わせたものが多いので注意してください。
化学繊維を身に着けるときは、綿素材と組み合わせるのが一番です。

 

また、綿100%やリネン100%など混合していないものは、静電気がおきません。
猫の毛を付着させたくないときは、静電気のおきやすさにも注意しましょう。

 

猫の毛がつきにくい服でストレスをなくそう

猫の毛 つきにくい 服
黒のパンツ、黒のTシャツなんかは、猫の毛がつきやすい典型例です。
私は黒の服をよく着るタイプなので、猫を飼っていたときは張りのある生地を選んで、猫の毛を付着しにくくしていました。

 

どうしても毛が付きやすい服を着たいときは、生地の表面に防水スプレーをかけるといいですよ。
また、ペットの毛が付着しにくい洗剤も売られているので試してみるといいですね。

 

当サイトは、独自に14種類の総合栄養食ウェットフードを比較しています