猫の餌フィックスキャットフードの安全性は高い?私の口コミとネットの評判

フィリックス
スーパーでも見かけることがある、フィリックスのパウチ。
安価で売られているキャットフードなので、庶民の味方ですよね。

 

気軽に買えるフードでお試ししやすいのですが、安全性が心配な人もいるかもしれません。
人間の私が実際にフィリックスを試食してみたので、猫餌選びの参考にしてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

猫の餌フィリックスのキャットフードを買った私の口コミ

フィリックス
今回購入したのは、フィリックス やわらかグリル「ツナ」です。
私がスーパーで買ったときは、1袋55円でした。

 

表のデザインについて

フィリックスは、いかにも「海外のキャットフード」というデザインですよね。
ユニークな猫のイラストが描かれていて、ポップな雰囲気があります。

 

表のパッケージには、商品のことがわかりやすく書かれています。

  • やわらかグリル
  • 小さめフレーク
  • 成猫1歳から
  • 総合栄養食
  • ゼリー仕立て

 

「総合栄養食」と大きな文字で書かれていて、消費者に優しいですね。
小さな文字で見づらいキャットフードも多いのですが、フィリックスは商品の特徴がわかりやすい表示内容です。

 

パッケージ裏に書かれていること

フィリックス
フィリックスの裏側のパッケージも、わかりやすさを特徴としているようです。

  • 栄養バランスのとれた総合栄養食
  • 必須栄養素のビタミン・ミネラルを配合
  • オメガ6脂肪酸を配合

 

ペットフード構成取引協議会の定める「総合栄養食」の基準を満たしているそうです。
きちんと成分を分析して証明されているので、安心して買うことができますね。

 

ほかには、ピュリナお客様相談室の連絡先がわかりやすいメリットもあります。
フリーダイヤルが記載されていて、「いつでもお問い合わせして大丈夫ですよ!」という企業の姿勢が見える感じがしました。

 

フィリックスの販売会社ネスレについて

フィリックスを販売する会社は、ピュリナワンと同じネスレです。

 

ネスレといったら、コーヒーやチョコレート菓子でお馴染みなですよね。
また、ネスレの会社はもともとスイスにありますが、国内にも会社があるそうです。

 

皆さんがよく知っている会社の製品なので、フィリックスは安心感がありますね。
販売会社だけを見てみても、長く運営している実績から、信頼感の高いフードだといえそうです。

 

 

実際に食べてみた

フィリックス
フィリックスはゼリー仕立てなので、袋からつるんと中身が出てきました。
塊になっているので、猫に与える前にほぐす必要があります。

 

ニオイや味は、ピュリナワンと似ていますね。
やや魚クサイ感じがあるので、魚好きの猫ちゃんなら喜んでくれるはず。

 

また、ピュリナワンのように、レバーっぽい味と食感がありました。
それもそのはず、肉類が主原料になっているからですね。

 

ニオイは魚だけど、味はレバーに近い感じでした。
ツナフレークをイメージして買うと印象が離れてしまうので、肉の食べ応えと魚の香りを活かしたキャットフードだと考えておくとよさそうです。

 

フィリックスのパウチを試してわかったメリット・デメリット

フィリックス
フィリックスを実際に試してみて、良いところと悪い面が見つかりました。
安価なフードということを踏まえながら、公正に評価してみたいと思います。

 

メリット

フィリックスの良いところは、手軽に買える点ですね。

  • 安価なので猫が好きならお得
  • スーパーでも買いやすい

 

フィリックスは、普通のスーパーで買うことができました。
キャットフードを扱っているお店だったら、フィリックスを置いてある可能性が高いですね。

 

スーパーに置いてある=みんなが買っているということ。
それだけ人気の商品だからこそ、身近なスーパーに置いてあるのでしょう。

 

フィリックスが人気なのは、安価で買いやすいからだと思います。
また、安くても猫ちゃんが食べてくれるケースが多いのではないでしょうか。

 

デメリット

フィリックスのキャットフードは、デメリットも見つかりました。

  • 味が安っぽくイマイチ
  • ツナ感がかなり少ない
  • 1袋35キロカロリーしかない

 

人間の私が食べた感想なのでどうかと思いますが、でも美味しくなかったです。
もともと、私はレバーが苦手だということも関係しているかも。

 

レバーが好きな猫は多いので、肉類を好む猫ちゃんにはフィリックスはおすすめです。
また、「ツナ味」と書かれていても、ツナ感がほとんどないので、魚より肉派の猫向けですね。

 

最後に重要となるデメリットは、カロリーの少なさです。
1袋50gで少量パックで、1袋35キロカロリーしか摂取することができません。

 

フィックスを食べさせるなら単体ではなく、ドライフードと組み合わせるといいですね。
ゼリーでお腹いっぱいになることを考えると、食べ過ぎてしまう猫ちゃんにはおすすめです。

 

ネット上にあるフィリックスの良い評判と悪い評判

フィリックス
私の口コミだけだと意見が偏ってしまうので、楽天にある口コミも集めてみました。
良い評価と悪い評価の両方をチェックしてみてください。

 

良い評判

5匹ともこれが大好物で、たまに別のを出すと、「これ何?これじょないよ?いつものは?」って顔で皆食べようとせず、私の顔をジーッと見上げて訴えかけてきます。

 

内の愛猫は19歳の老猫なのですがフィリックスのパウチをずっと好んで食べるので今こちらの

商品を探すのに苦労してる中で18歳以上用を購入出来て嬉しいです、なかなかの人気商品でマグロはダメなのにこちらのツナは喜んで食べますチキン、サーモンともに大好きです

 

食べ物の好みの違う6匹の愛猫なのですが、

この商品だけは皆、飽きずに好んで食べます。
なので、切らすことなく購入してます。

 

悪い評判

いろいろ味があるので、猫が飽きなくてよい。具材が大きいものは、高齢猫には食べにくいようだった。

 

多頭飼いです。普段、このシリーズのツナ、チキンしか食べないのですが、近所のお店は置いていないかあまり種類がないので助かります。今回はアジとサーモン、ビーフも購入してみました。今のところアジは食べない子がいますが、他の子が食べてくれるのでセーフ!

 

フィリックスの最安値はどこ?楽天とAmazonを調べてみた

フィリックス
フィリックスはお店に置いてある場合が多いと思いますが、「最近お店で見かけない」という口コミもありました。
海外製品のため商品供給の影響が出ることもあるので、ネットでの最安値も調べてみました。

 

楽天 Amazon
単価 51円 66円
送料 7,800円以上送料無料あり 290円
最安値URL 楽天リンク Amazonリンク

 

スーパーよりも安く買うなら、楽天市場のほうがおすすめ。
楽天はキャットフードの取り扱いが多く、価格競争により単価が低いショップがあります。

 

また、Amazonの場合は単品買いよりも、12袋パック商品が買いやすいですね。
Amazonなら2,000円以上で送料無料になるショップもあります。

 

フィリックスを販売するネスレの公式通販では、フィリックスは扱っていませんでした。
楽天・Amazonなどのショッピングモールで購入しましょう。

 

フィリックスの安全性は高い?成分から調べてみた

フィリックス
フィリックスは安価なフードなので、安全性が気になる人もいるかもしれません。
材料名や栄養成分から、猫に安心して食べさせることができるのか調べてみました。

 

原材料名

フィリックスに使われている原材料は、以下の内容です。

肉類(チキン、ビーフ、家禽ミール 等)、小麦たんぱく、魚介類(ツナ 等)、鶏脂(オメガ6脂肪酸源)、ぶどう糖、アミノ酸類(タウリン)、ミネラル類(Ca、P、K、Na、Cl、Mg、Fe、Cu、Mn、Zn、I)、増粘多糖類、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、着色料(酸化鉄)。

 

フィリックスのツナ味は、肉類が主原料のようです。
また、安価なキャットフードなので、家禽ミールを使っているのは仕方がないかもしれません。

 

家禽ミールは頭や足・内臓などを含んだ肉類のこと。
不衛生なものや食べられない肉ではありませんが、人が通常食べるものではありません。

 

つまり、フィリックスはヒューマングレードではないということ。
デメリットではありますが、よいほうに考えると「食品ロスを防ぐ工夫をして、安価にフードを販売している」ともいえますね。

 

家禽ミールだから=悪ではないので、飼い主さんの主観で決めるといいと思います。

 

栄養成分

続いて、フィリックスの栄養成分です。

  • たんぱく質:12%以上
  • 脂質:2.8%以上
  • 粗繊維:0.5%以下
  • 灰分:3%以下
  • 水分:82%以下
  • カロリー:約35キロカロリー
  • 配合量:50g

 

フィリックスは、たんぱく質や脂質のバランスがいいですね。
どちらも多すぎず少なすぎないため、猫の食欲を促しながら、猫に必要な栄養成分も摂取しやすいフードです。

 

安全性

フィリックスで気になる添加物は、ミネラル類・ビタミン類・増粘多糖類・着色料です。
着色料は酸化鉄を使っているようですよ。

 

添加物自体は、すごく多いわけでもなく平均的でしょうか。
ドライフードに使われている保存料などはパウチに配合されていないので、猫に安心して与えることができますね。

 

ただし、小麦たんぱくが多い点には注意が必要です。
グルテンアレルギーがある猫ちゃんには注意してあげてくださいね。

 

フィリックスとピュリナワンとの違いとは?

フィリックス
同じネスレから販売されている、フィリックスとピュリナワンを比較してみました。
価格の違いだけでなく、商品の特徴も比較してみてください。

 

ピュリナワン フィリックス
単価 135円 55円
レバー風味 レバー風味
水分 多い ゼリー状
家禽ミール なし あり

 

ピュリナワンは天然の食物繊維入りで、下部尿路の健康サポート対策ができます。
フィリックスは特徴的な成分はないので、とくに健康の悩みを抱えていない猫ちゃんにおすすめ。

 

また、ピュリナワンとフィリックスの明確な違いは、原料ではないでしょうか。
フィリックスは家禽ミールが含まれていますが、ピュリナワンはチキンやラムなので素材のよさで選ぶならピュリナワンがおすすめです。

 

フィリックスの素朴な疑問Q&A

フィリックス
フィリックスを買ううえで確認したい、素朴な疑問点を集めてみました。

 

製造中止になったって本当?

コロナ渦の影響で、フィリックスパウチ12袋入りの一部の商品で中止になりました。

 

口コミを見てみると、「70gはもう売っていない、50gしかない」という声がありました。
今後、70gの12袋パックの製造が再開するかはわからないので、容量が多いものが欲しい場合は、ネットで在庫があるショップを探してみてください。

 

子猫用は売られている?

1歳までの子猫用は、ツナとチキンの2種類があります。

 

フィリックスの基礎情報まとめ

正式名称 フィリックス
会社名 ネスレ日本
住所 兵庫県神戸市中央区御幸通7-1-15
電話番号 0120-005-916
公式URL https://nestle.jp/brand/felix/

 

フィリックスのウェットフードを試した口コミのまとめ

フィリックス
人間の私がフィリックスを食べると不味いのですが、口コミを調べたら意外にも「フィリックスしか食べない」という声は多かったです。
たぶん、内臓の味が強いからなのではないでしょうか。

 

フィリックスは安いウェットフードなので、庶民の味方ですよね。
スーパーで見かけたら、試しに買ってみるのもアリだと思いました。

 

フィリックスの成分が気になるなら、ワンランクアップのピュリナワンも比較してみるといいですね。
私の口コミが、猫餌選びに役立ちますように。

当サイトは、独自に14種類の総合栄養食ウェットフードを比較しています