猫がいるのに柔軟剤のレノア・ソフランは使って大丈夫?

猫 柔軟剤 レノア
家庭で柔軟剤を使っていると、「猫に大丈夫?」か気になりますよね。

 

私も、猫を飼ってしばらくしてから気がつき、不安になったことがあります。
我が家では、化学物質の影響で猫を亡くした経験があるので、なおさら気になりました。

 

柔軟剤の香りも合成なので、猫に影響がないのか調べてみました。
家庭で、レノアやソフランなどの柔軟剤を使っているなら、続きを読み進めてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

猫がいる家庭は柔軟剤を使わないほうがいい理由

猫 柔軟剤 レノア
我が家で飼っていた猫は、壁に塗った塗装の影響で亡くなりました。
団地に引っ越したときに部屋の内側の壁全面を塗装されたため、化学物質の影響で猫が亡くなるだけでなく、私も喘息で入院したことがあります。

 

それだけ、化学物質は猫に影響があるということですよね?
柔軟剤の香りでそこまで影響はありませんが、心配になる飼い主さんもいるはずです。

 

猫にアロマは使わないほうがいい

第一に、アロマ配合の柔軟剤は使わないほうがいいです。
別記事でも紹介していますが、ハッカや柑橘系のアロマは猫が嫌がるからです。

 

 

その証拠に、庭にまく猫除け商品は、ハッカや柑橘系のアロマを使っていますよ。
これらの香りは猫が嫌がることが多いそうです。

 

では、柔軟剤の香りはどうなのでしょうか?
合成香料とアロマは違うものなので、そこまで心配する必要はないかもしれません。

 

そもそも猫にアロマが影響あるといわれるのは、アロマを舐めた場合です。
論文も出ていると獣医さんが話していました。

 

猫がいる家庭で合成香料配合の柔軟剤を使う場合は、「猫が嫌がるかも?」程度で考えておくといいですね。
柔軟剤では猫が大量に香料を吸引してしまう心配はないはずですから。

 

ただし猫にも個体差があり

合成香料を使った柔軟剤でも、猫によっては香りを嫌うかもしれません。
こればっかりは使ってみないとわからないので、試してみるしかありませんね。

 

猫によっては、香り付き柔軟剤で洗った衣類でも平気な子がいます。
人によってもニオイに対する感度が違うように、猫も多少の香りなら平気な子もいれば、少しでも合成香料があると嫌がる子もいるようです。

 

もし、柔軟剤の香りが気になるなら、無香料のものを使いましょう。
または、柔軟剤の代わりとなる天然成分を使うと、猫がいる家庭でも安心して過ごすことができますよ。

 

合成香料で気分が悪くなる人もいる

柔軟剤の強い香りは、人によっては体調を崩す場合があります。
私も他人がつけている柔軟剤の香りで気分が悪くなるタイプですね。

 

柔軟剤を使っている本人は、鼻が慣れてしまうため香りに気付きません。
しかし、猫を新しく迎え入れたときは、香りの強い柔軟剤を使っていると嫌われる可能性があります。

 

猫を飼う予定なら、柔軟剤を使うのは避けたほうがいいですね。
どうしても使いたいときは、普段から柔軟剤を使っておらず鼻が慣れていない人に香りが強いのか確かめてもらうと安心ですね。

 

猫がいるなら柔軟剤の代わりになるものがおすすめ

猫 柔軟剤 レノア
私個人は、猫を飼うなら香りのある柔軟剤は使いたいとは思いません。
冒頭で説明したように、塗料の影響で飼っていた猫が呼吸困難になり、亡くなった経緯があるからです。

 

柔軟剤の合成香料=危険ではないのですが、猫は体が小さいので人間よりも化学物質の影響を受けやすいことから、柔軟剤は避けるのが一番ではないでしょうか。

 

洗濯石鹸を使う

「でも、柔軟剤を使わないと、洗濯物がゴワゴワします!」
そうですね。

 

でも、それは合成洗剤を使っているからですよ。
洗濯石鹸にはグリセリンが入っているので、柔軟剤がなくても洗濯物がふんわりとします。

 

ただし、洗濯洗剤を使うのは少しコツがいります。
洗濯機にぬるま湯を入れ、粉せっけんを入れて十分に泡立ててからでないと、洗濯物の汚れ落ちが悪くなるので注意してくださいね。

 

クエン酸やお酢を使う

合成洗剤や洗濯石鹸で洗濯物がゴワゴワするなら、柔軟剤の代わりにクエン酸やお酢を入れてみましょう。
洗剤はアルカリ性なので、酸の力で中和すると洗濯物がふんわりしますよ。

 

クエン酸、お酢どちらも食品レベルです。
猫を飼っている家庭でも安心して使えるので、柔軟剤の香りが気になる人におすすめです。

 

猫がいるなら極力柔軟剤は避けるといい

猫 柔軟剤 レノア
柔軟剤の香り=猫に有害とは言い切れません。
何年も猫を飼っていて柔軟剤を使っても、長寿をまっとうする子もいるので、柔軟剤の香り自体は大きな問題ではないのかもしれませんね。

 

それでも、「猫に使うと心配」と思うなら、洗濯石鹸を使ってみてはどうでしょうか。
また、ペット用洗剤として売られている洗剤を使う方法もあるので、別記事でチェックしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク