猫が抱っこを嫌がるときの抱っこの仕方

猫は抱っこが好きか嫌いか
飼い猫が膝の上で気持ちよさそうに寝てくれたら、飼い主にとってそれほど幸せな時間はありませんよね。
しかし、猫は抱っこが嫌いな生き物のため、抱っこさせてくれない猫が多いのです。

 

猫を抱っこする仕方や、抱っこ好きになる抱っこ紐の活用法を紹介します。
嫌がる猫を無理やり抱っこするのではなく、抱っこをせがむ猫にしてみませんか?

 

 

猫は抱っこが好き?嫌い?

猫抱っこ
人によっては「猫は抱っこされるのが好き」という人もいれば、「猫は抱っこされるのが嫌い」と考えている人もいます。
たまたま抱っこされる猫を飼っていると、猫全般が抱かれるのが好きだと勘違いしてしまうこともあるでしょう。

 

実は違うのです。

 

どちらかというと抱っこが嫌いな猫が多い

多くの場合、猫は抱っこされるのを嫌がります。

 

飼い主が猫の自由を奪ってしまい、猫が危険に対処することができないからです。

 

「猫は狭い場所が好きだから抱っこされるのも好むのでは?」と思うかもしれませんが、体を拘束されるのは好きではありません。
よほど飼い主に対し信頼を寄せている場合や、家庭内に危険がないことがわかっているときだけ、猫は飼い主に抱っこされます。

 

猫が抱っこをせがむ理由とは?

猫抱っこ
クールな印象の猫ですが、意外と人に甘えてくるのです。
猫が抱っこをせがむのは、飼い主さんに甘えたい、体を温めたい思いがあります。

 

親代わりの飼い主さんに甘えたい

赤ちゃんの頃から抱っこに慣れている猫は、飼い主に甘えたくなると抱っこをせがみます。

 

とくに去勢や避妊手術をすると、猫は大人になってもずっと子どもの心を持ち続けるため、親代わりの飼い主さんに甘えたくなるようです。

 

いつもご飯をくれてお世話してくれる飼い主さんは、猫にとって親代わりです。
子どもの心を持ち続ける去勢や避妊した猫は、親に甘えるのと同じように、飼い主さんに甘えてきます。

 

一緒にいると暖かいから

猫は寒くなると猫同士体をくっつけ合って、体を温め合います。

 

多頭飼いしていると、仲良くない猫たちが一緒になって寝ていることもあるのです。

 

もともと猫は温かい地方の生まれのため、寒さには強くないと考えられます。

 

寒い季節のほうが、猫が自然と膝の上に乗ってきて、猫を抱っこするチャンスがきます。
猫にとって体に触れて暖を取ることは普通のため、抱っこで嫌な思いをしなければ、抱っこされる猫になるでしょう。

 

 

抱っこが嫌いな猫が多い理由

猫抱っこ
猫は小さい頃から慣らせば抱っこしてくれますが、赤ちゃんの頃から慣らしても、抱っこを嫌がってしまうことがあります。
飼い主さんの対応が悪かったり、その子の性格で抱っこが嫌いだったりする場合などです。

 

飼い主さんの抱き方が悪い

飼い主さんが猫の抱っこのやり方を知らないと、猫が嫌な抱っこをしてしまいます。

 

猫は一度でも嫌な思いをしてしまうと、抱っこされなくなってしまうのです。

 

とくに猫が不安を感じる抱き方では、猫は抱っこさせてくれません。
猫は不安定の体勢にされると不安になってしまい、すぐに逃げてしまうでしょう。

 

抱っこで嫌な思いをしたことがある

最初は抱っこ自体を嫌がらなかったとしても、抱っこされているときに嫌な思いをすると、抱っこが苦手な猫になってしまいます。

 

  • 無理やり抱っこされ続けた
  • 爪を切られて痛い思いをした
  • お風呂に入れられた

など、抱っこと嫌な行動がシンクロしてしまうと、猫にとって抱っこは嫌な行為の前触れとなってしまうのです。

 

もともと抱っこが嫌い

まったく同じ環境で猫を育てて、嫌な思いをしないよう慎重に抱っこしても、猫によって抱っこを嫌う場合があります。

 

その場合は猫の性格の違いだといえるでしょう。

 

抱っこに危険性がないことがわかっていても、束縛を極端に嫌う猫はいます。

 

猫が「触れられるのは好きでも、抱っこはイヤ」と思ってしまえば、無理強いはできないでしょう。
その場合は抱っこができない猫だと思って、諦めるしかないのです。

 

病気をしているから

猫が「どこかかが痛い」「体が辛い」と感じているときは、一人でいようとします。

 

普段は飼い主さんと一緒にリビングで過ごすのに、具合が悪いときは普段行かない2階に避難することもあるでしょう。

 

猫が病気をするとじっとして体を休めようとするのです。
大好きな飼い主さんでも、体調が悪いときは抱っこを嫌がることがあります。

 

普段は抱っこさせてくれるのに突然嫌がったら、猫の体調不良を疑いましょう。

 

嫌なにおいがするから

猫は嗅覚が優れている動物のため、買い主のニオイにも敏感です。

 

とくに人工的な香りは、猫にとって強烈なニオイだと感じているのでしょう。

 

洗濯物に使う柔軟剤の香りも、猫にとっては苦痛でしかありません。
体に香水を付けている人も、猫が近寄ってくることはないでしょう。

 

タバコのニオイも猫が避ける原因となりやすいため、猫を抱っこしたいなら禁煙にチャレンジしてみてください。

 

猫は柑橘系の香りも苦手で近寄ってきません。

 

ホームセンターでは猫よけハーブが売られていることもあるくらいです。
柑橘系の香りや、ハーブを植えて猫よけしている方もいます。

 

飼い主さんがアロマの香りを楽しんでいるため、猫が嫌がって近づかないのかもしれません。

 

猫の抱っこの仕方

猫抱っこ
飼い猫を抱っこしたいなら、猫に好かれる抱っこの仕方を覚えましょう。
まずは膝の上に乗せて安心感を獲得することからです。

 

猫を膝の上に乗せるところから慣らす

飼い猫を抱っこ猫にしたいなら、寒い冬から始めるのと上手くいきます。

 

猫が寒くて飼い主さんの近くに寄ってきたら、抱っこするチャンスです。
近寄ってきてもいきなり抱っこしようとすると、逃げられる可能性があります。

 

最初は猫が自分で膝の上に乗ってくるのを待ちましょう。
飼い主さんの膝の上が温かく、安全なことがわかると、抱っこさせてくれるようになります。

 

膝の上だと猫が乗ってくれない場合は、膝の上に毛布を敷きましょう。
ふわふわの毛布の上なら、猫も喜んで乗ってくれる可能性があります。

 

猫を後ろから抱きかかえること

膝の上で猫がくつろぐことに慣れたら、いよいよ猫を抱っこします。

 

猫の抱っこの仕方は、猫の背中からお腹に手を回して、後ろから抱きかかえるようにする方法です。
飼い主さんの体を密着させて、猫の体を安定させましょう。

 

後ろから抱きかかえて、飼い主さんの顎を猫の頭の上に乗せ、飼い主さんは少し前かがみになっておじきしてみましょう。
猫はゴロゴロと喉を鳴らし、喜んでくれます。

 

しだいに猫は呼吸が苦しそうにするため、飼い主さんは上半身を起こしてください。
何度も繰り返していると、猫とのスキンシップが深まります。

 

猫が抱っこを好きになる方法

猫抱っこ
飼い猫を抱っこが好きな猫にするには、3つの対策方法があります。

  • 子猫から慣らす
  • 短時間から慣らす
  • 猫を拘束しない

この3つの対策方法を試してみましょう。

 

子猫のころから抱っこに慣らさせる

抱っこ好きの猫にする一番は、子猫のころから慣らすことです。

 

飼い主さんの膝の上で安心して寝る猫の姿を見たかったら、子猫を飼ってチャレンジしてみましょう。

 

短時間抱っこするところからはじめる

猫によっては「短時間の抱っこならOK」というケースもあります。

 

飼い主さんとの信頼関係が充分築けているなら、猫も「少しだけ我慢してあげるか」と言っているように抱っこされることがあります。

 

短時間でも抱っこしてくれるなら、猫が心地よい気分になる工夫をしてください。

 

大好きなおもちゃで遊びながら抱っこを続ける対策もあります。
しかし、若い猫の場合では遊びが楽しくなり、膝から下りてもっと遊ぼうとするかもしれません。

 

猫が嫌がったらすぐに開放してあげる

猫を抱っこするコツは、猫の自由にさせてあげることです。

 

たまに「猫もしつけないとダメ」だと言いながら、無理やり押さえつけて猫を抱っこし続ける方がいます。

 

猫は犬のようにしつけができる動物ではないため、勘違いしないでください。
無理やり叱りながら抱っこし続ければ、飼い主さんや抱っこに対し強い恐怖心を抱いてしまうでしょう。

 

猫を抱っこしているときに、しっぽが激しく動き出したら、嫌がっているサインです。
飼い主さんは手を緩めて、猫が自由になれるようにしてあげてください。

 

猫も「ちょっとだけ甘えたい」だけのこともあるため、猫を抱っこするときは猫のペースに合わせることが大切です。

 

猫を抱っこするための道具

猫がいつも抱っこさせてくれるのが理想ではありますが、生き物のため飼い主さんの思い通りになるとはいきません。

 

抱っこが嫌いな猫でも、災害時や薬を飲ませるときなど、抱っこする必要がある場合も出てきます。
そのような場合は道具を使って、猫を抱っこしてみましょう。

 

抱っこ紐

猫抱っこ
楽天市場でも人気の抱っこ紐に、DOGCHOCEのものがあります。
小型犬用スリングとなっていますが、猫用としても使える商品です。

 

肩ひもが広く作られているため、バッグと違って肩に負担をかけません。
ファスナーも付いていて、猫が飛び出てしまうのを防ぐことができます。

 

 

エプロン

猫抱っこ
エプロン型の猫抱っこグッズは、いつも一緒ポケットが人気です。

 

ソファーに座っているときに猫がおりてくれない場合に、エプロンに猫を入れて過ごしてみましょう。
猫が好きなふわふわ素材で、すっぽりと猫を包むため、安心感があります。

 

リンク:Amazonで見る

 

洗濯ネット

猫抱っこ
猫を短時間だけ拘束したい場合は、洗濯ネットが使えます。
よく動物病院に行くときに、猫を洗濯ネットに入れる使い方がされています。

 

「洗濯ネットに入れるなんて可哀そう」と思うかもしれませんが、猫にとっては密着しているほうが安心できるのです。

 

洗濯ネットなら猫の呼吸を妨げることがなく、猫の動きを制限できます。
災害時に猫を暴れさせずに移動させたいときにも、洗濯ネットを活用しましょう。

 

爪切や投薬の際にも、洗濯ネットが役立ちます。
洗濯ネットはファスナーが付いているため、少しだけ口を開けて猫のお世話がしやすいでしょう。

 

抱っこパーカー

猫抱っこ
パーカーにカンガルーポケットが付いた商品も売られています。

 

ポケットは2Lのペットボトルを3本入れても大丈夫で、大きな猫でも対応可能です。
フードの部分には猫と遊べるポンポンも付いています。

 

 

抱っこバッグ

猫抱っこ
猫がすっぽりと入る抱っこ用のバッグも売られています。

 

メッシュの窓が付いているため、猫の呼吸を妨げる心配がありません。
猫が飛び出すのを防ぐベルトも付いているため、万が一の事故も防げるでしょう。

 

 

普段使っているショルダーバッグもおすすめ

愛猫を冷たい雰囲気のキャリーケースに入れるのは、ちょっとかわいそう・・・。
そんな方には、普段使っているショルダーバッグを猫専用にしてみてください。

 

猫はすっぽりと体を覆われて、飼い主さんとも密着できて、通院でも安心してくれます。
我が家でもショルダーバッグを猫用に使ったことがありますが、キャリーケースより猫の移動が楽でした。

 

まとめ

SNSで飼い主さんの膝の上で安心しきった猫を見ると、「うちの猫も抱っこ猫にしたい!」と思いますよね。
甘えん坊の猫にしたいなら、子猫から慣れさせるのがおすすめです。

 

すでに猫を飼っている方は、膝に乗せることから始めてみてください。
普段は抱っこさせてくれない猫でも、猫を抱っこするグッズを使うと、安心感が高まるのか抱っこさせてくれる場合も多いです。

 

グッズも活用してみてくださいね。