猫用アカナどれがいい?

アカナどれがいい
「猫用のアカナはわかりにくい」「アカナはどれがいいの?」
あなたは、このような悩みを持っているのではないですか。

 

猫用アカナは、4種類に分けられています。ワイルドプレイリー、パシフィカ、グラスランド、ランチランドの4つで、それぞれ主原料が異なります。

 

飼っている猫にアレルギーがないなら、アカナの「ワイルドプレイリー」がおすすめです。なぜ、ワイルドプレイリーが猫に一番おすすめなのかまとめてみました。

 

 

猫用アカナどれがいい?

アカナどれがいい
猫用アカナどれがいい?と思ったら、鶏肉ベースのワイルドプレイリーを選んでみましょう。なぜ猫に鶏肉を食べさせるとよいのか解説していきます。

 

猫は本来肉食

猫用アカナで「ワイルドプレイリー」を一番におすすめする理由は、鶏肉が主原料だからです。なぜなら、猫は肉食動物であるためです。

 

人間や犬のように雑食の動物は、肉を食べなくても体を維持できます。しかし、猫は体を維持するために必須の栄養素を、肉類から摂取しなければならないのです。

 

猫に欠かせないアミノ酸は2種類あります。

  • アルギニン
  • タウリン

アルギニンは「血管を拡張する」「アンモニアを除去する」「免疫力を保つ」ために必要なアミノ酸です。猫が肉を食べずアルギニンが不足すると、尿毒症になって命を落とすこともあります。

 

タウリンは、猫の臓器の健康に必要なアミノ酸です。不足すれば猫の視力が維持できず、心臓の機能も健康的に保つことはできません。

 

つまり猫は、肉類を毎日食べる必要があります。アカナの「ワイルドプレイリー」に使われている主原料は、鶏肉・鶏肉レバー・七面鳥・ニシンなどです。

 

猫にとって肉類は必須アミノ酸の摂取に優れているので、とくに猫にアレルギーがなければ、「ワイルドプレイリー」を選びましょう。

 

家猫はヤマネコと変わらない

家猫は長年家で飼われてきたにも関わらず、野生の猫に近いヤマネコとほとんど体が変わりません。リビアヤマネコは猫の祖先ともいえる品種で、家猫と比べてもその構造は変化していないのです。

 

だからこそ、猫には野生で生きる猫と同じ食事が必要です。野生ではネズミや鳥を捕って食べるので、肉食中心をした食事が猫にとっては自然だといえます。

 

安価なキャットフードのかさ増しに使われている穀物や炭水化物は、猫の消化器官に負担をかけます。血糖値も上がりやすくなるので、猫の肥満を助長します。

 

アカナが愛猫家たちに選ばれているのは、肉食動物の食事に近いからです。

  • 炭水化物を制限
  • 合成原材料を制限
  • 豊富なたんぱく質

 

猫用アカナの種類の違い

アカナどれがいい
猫用アカナは4種類のキャットフードがあるので、それぞれの違いを把握しておきましょう。主原料が異なるので、猫のアレルギーに対応できます。

 

ワイルドプレイリー

ワイルドプレイリー
出典:すべての猫用【アカナキャット】
猫用アカナのワイルドプレイリーは、鶏肉・鶏肉内臓・七面鳥・ニシンが使われています。鶏肉と七面鳥は放し飼いで飼われているため、人間が食べるレベルです。

 

ニシンも天然魚を使っているので、新鮮な原料を猫に与えることができます。ワイルドプレイリーは全猫種向け商品で、全ライフステージの猫にも対応が可能です。

 

粗たんぱく質は37%以上で、猫本来の肉食に近い食事だといえます。アカナはたんぱく質と脂肪を豊富に含有しながら、必要のない炭水化物は少なめのつくりです。

 

 

パシフィカ

パシフィカ
出典:すべての猫用【アカナキャット】
肉類にアレルギーを持つ猫には、アカナの「パシフィカ」がおすすめです。パシフィカは魚類を使ったキャットフードで、肉類は一切使っていません。

 

意外にも、猫は鶏肉や牛肉にアレルギーを持つ場合があります。主原料が魚だけで構成されているパシフィカなら、肉類で下痢を起こしやすい猫に対しても安心です。

 

魚がメインのパシフィカも、粗たんぱく質が37%以上を含みます。猫本来の食事を再現するようにできているので、炭水化物の量も制限しています。

 

 

グラスランド

グラスランド
出典:すべての猫用【アカナキャット】
アカナのローテーションのひとつとして取り入れたいのが、ラム肉や鴨肉を使った「グラスランド」です。草をイメージさせる名前となっているのは、草を与えて育ったラム肉、放し飼いの鴨肉、放し飼いの七面鳥などを使っているためです。

 

グラスランドには、肉・内臓・軟骨も含まれています。ほかにも巣に産み落とされた卵や、自然環境でとれる新鮮なノーザンパイクも使っているのが特徴です。

 

鶏肉がメインのキャットフードとは違うので、猫が飽きないようローテーションに加えるのがおすすめです。良質なたんぱく質や脂質を含み、不必要なたんぱく質を制限できます。

 

原材料名を見るとほとんどが素材名で、よくわからない化学的な名称のものがほとんどありません。この点で好印象をもちました。猫の食性を考えて穀類不使用というのもいい。さて肝心の食べっぷりは...いい!ぱくぱく食べてます。5ヶ月子猫ですが粒の大きさも問題ないようです。

出典:楽天市場

 

ランチランド

ランチランド
出典:すべての猫用【アカナキャット】
アカナのランチランドは、日本では見かけない原材料を使っているのが特徴です。放し飼いで飼育されたビーフ、ラム肉、豚肉、バイソン肉などが使われています。

 

肉をベースにしたキャットフードのため、猫本来の食事を目指すことができます。アカナは猫に必要なたんぱく質と脂質を多くしながら、炭水化物を少なめになっているので、猫の肥満対策になります。

 

猫用アカナどれがいい?のまとめ

猫用のアカナはどれがいい?と迷っているなら、鶏肉ベースのワイルドプレイリーがおすすめです。猫は本来肉食なので、肉ベースのフードだと猫の嗜好性にも配慮されています。

 

猫が美味しいと感じるのは、アミノ酸が多い肉類です。鶏ささみの茹でたものを好む猫が多いのも、アミノ酸が豊富だからですね。

 

アレルギーがある猫は、ワイルドプレイリー以外にも魚類やラム肉などを原料にしたものも売られているので、アカナのフードを比較してみてください。

 

関連記事:猫にささみ

 このエントリーをはてなブックマークに追加