猫のスプレー行為の対策とは?

猫のマーキング
猫が急にマーキングを始めると、困ってしまいますよね。
ときには去勢済みのオスや、メスもマーキングをすることがあります。

 

マーキングする理由を知って、正しい対策をしてみませんか?

 

防止のためにマーキングスプレーを使う方法や、しつけは意味がありません。
猫を叱らず、原因を知って飼い主さんが対処してあげましょう。

 

 

猫のマーキングとスプレーの違い

猫のマーキング
マーキングとは猫の顔や肉球から出すフェロモンを付ける行為や、尿を飛び散らすスプレー行為も含まれています。

 

マーキングは縄張りにニオイを付ける行為のこと

 

マーキングとは猫が縄張りにニオイ付けをする行為のことです。


 

人にはわかりませんが、猫はさまざまな器官からフェロモンを分泌しています。
フェロモンは猫にとって言葉のような存在で、フェロモンを通して相手の猫が「発情している」「病気をしている」などの情報を受け取るのです。

 

猫からフェロモンが出ている部分は、顔周り、肉球周辺、肛門があります。
飼い猫が家具の端に顔や体を擦り付ける行為も、飼い主さんの足や手に摺り寄せるのも、どちらもフェロモンを付けているためです。

 

猫が興奮すると肉球からフェロモンが出て、爪とぎでバリバリしてマーキングすることもあります。

 

スプレーは猫が不安になったときにやる行為のこと

スプレーとはマーキングの一種で、肛門からニオイが強いフェロモンを分泌させます。

 

発情期になると去勢していないオス猫がスプレー行為をするのは、性フェロモンを排出して、周りにいるメス猫にアピールさせるためです。
しかし、去勢している猫ではこの行為はしなくなるため、スプレー行為の多くはストレスが原因となっています。

 

環境の変化や、新しい猫を迎えたときに、去勢済みのオス猫がストレスからスプレー行為をすることがあります。
スプレーでニオイをまき散らすことで、「自分の縄張り」を主張するのも原因のひとつです。

 

猫がマーキングをする理由

猫のマーキング
猫がマーキングをする理由は、顔や肉球からニオイを付ける場合や、発情期やストレスの影響を受けているためです。

 

縄張り意識が強いメス猫でもマーキングをする

メス猫でも顔周りや肉球にあるフェロモンを使って、マーキングをしています。

 

家具や人に顔を擦り付けるのも、爪とぎをする行為も、メス猫のマーキングです。
白い壁の角の色がうっすらと変わっていたら、猫がマーキングをした証拠になります。

 

メス猫でもストレスがあると、数は少ないですがスプレーによるマーキングもします。
スプレー行為をやめさせるには、避妊手術をするのが一番です。

 

去勢済みの猫がマーキングをする場合ストレスが疑われる

オス猫の場合は去勢手術をすると、スプレー行為がおさまる可能性がありますが、直らないならストレスかもしれません。

 

しかし、去勢手術をしてもスプレー行為が直らない個体もいるようで、その場合はストレスを疑うようにしましょう。
環境が大きく変化していないか、新しい猫を迎えていないか、トイレは使いやすいか、寝る場所の環境は適切か、食事の場所はストレスがないかなどがチェックポイントです。

 

飼い主さんは猫がスプレーを始めた時期をよく思い出して、生活に変化がなかったか考えるようにしましょう。
飼い主さんにとっては些細なことでも、猫にとっては大きなストレスなのかもしれません。

 

ストレスでオス猫がマーキングをしているなら、猫が嫌がるニオイを使って予防しても根本的な解消にはなりません。

 

人にマーキングをするのは飼い主にニオイを付けるため

猫のマーキング

猫が飼い主さんにマーキングをするのは、ニオイを付けて「私のものだよ」とアピールしているためです。

 

飼い主さんの手などに猫の顔をこすりつけていると、猫はリラックスしていて心地よいと感じています。
猫と早く仲良くなりたいなら、猫の顔周りを撫でてあげましょう。

 

飼い主さんにも猫のフェロモンが付くと、猫にとって同じニオイがして安心するのです。

 

マーキングをする時期は発情期の春が多い

肛門からオシッコをスプレーするマーキングは、春の発情期によくみられる行為です。

 

オス猫を飼ってマーキングを避けたいなら、次の発情期の時期までに去勢しましょう。
去勢手術は生後6ヶ月から受けることができます。

 

オス猫の場合は発情したメスのニオイで発情期を迎えるので、野良猫で発情期のメス猫がいれば、家で飼っているオス猫も発情します。

 

猫のマーキング対策

猫のマーキング
猫のマーキング対策は、おもに「スプレー行為をやめさせる」ときでしょう。
マーキングしないようしつけはできないため、飼い主さんが猫の環境を整えるようにしてください。

 

マーキング防止スプレーを使う

去勢していないオス猫がスプレーする場合や、猫がストレスでスプレーしてしまう場合は、その場所にマーキング防止スプレーを吹きかけましょう。

 

マーキングは猫を叱っても直るものではないため、猫が嫌がるニオイを使って、その場所でマーキングをさせない対策がおすすめです。
しかし、嫌なニオイが付いている場所でマーキングはしませんが、別の場所でマーキングする可能性も高く、根本的な解消にはならないでしょう。

 

マーキングの原因を解消させながら、同時にマーキング防止スプレーで対策してください。

 

猫がマーキングをした場所を丁寧に拭き取り、ニオイを取り除いてからマーキング防止スプレーを吹き付けます。

 

オス猫の去勢手術をする

オス猫のマーキングの予防であれば、去勢手術が第一選択になります。

 

猫を飼ったらできるだけ早い時期に去勢手術をしてください。
去勢手術をした猫は外の世界では生きられなくなるため、去勢した猫は一生家で飼い続ける覚悟が必要です。

 

ただし、野良猫を保護して一度スプレー行為を覚えていると、去勢手術をしても効果が見られないことがあります。

 

猫のストレスを取り除いてあげる

猫のマーキング

マーキングが猫のストレスからおきているなら、原因を特定しなければなりません。

 

複合的な原因が絡み合っていることも少なくないため、どれが原因かわかりにくい場合も多いです。
1つの原因を取り除いても諦めずに、根気よく対策を続けましょう。

 

意外とトイレの問題でマーキングをしていることもあるようです。
トイレの位置を変えたり、猫砂の種類を変えたりしてみましょう。

 

 

また、飼い主さんがスプレー行為をやめさせようとする行動が、猫のスプレーを助長していることもあります。
たまたま猫がスプレーしたときに、飼い主さんが大げさに猫を構ったら、猫は「ここでスプレーすれば構ってくれる」と覚えるのです。

 

寂しさを感じている猫にとって、スプレー行為が飼い主さんから愛情をもらえる行為なのかもしれません。

 

猫のマーキング
猫のストレスは同居の犬や猫からも受けています。
家猫は家庭内が縄張りで、縄張りを侵す存在がいれば縄張りをアピールするためマーキングするでしょう。

 

猫と犬を飼っている場合は、犬をよくしつけて、「猫のトイレを邪魔させない」「猫のご飯を邪魔させない」「猫が避難できる高い場所を作る」ことが対策です。
犬が猫を追いかけまわす行為も、やめさせなければなりません。

 

猫を室内で十分遊ばせてやる

猫のストレスがマーキングの原因だと疑われる場合は、飼い主さんが猫とよく遊んであげて、ストレスを軽減させてあげましょう。

 

運動量が足りずにストレスを感じている場合や、飼い主さんの愛情不足で不安があるときも、猫とよく遊ぶ対策が効きます。

 

マーキングを予防する薬はない

猫のマーキングを予防する薬はないため、動物病院に相談しても対処療法しか指導してもらうことができません。

 

薬ではありませんが、猫のフェロモンを使ってストレスを和らげる方法はあります。
「フェリウェイ」などが猫のフェロモンで、猫に使って試してみましょう。

 

マーキングする場所にアルミホイルを置く

猫のマーキング

猫がアルミホイルを嫌う性質を利用して、マーキングする場所にアルミホイルを置いて対策できます。

 

アルミホイルの音や感触は自然界にはなく、猫には違和感があるようです。
猫のマーキングは決まった場所が多く、猫が近づかないように周りにアルミホイルを敷き詰めておきましょう。

 

すべての猫がアルミホイルを嫌うわけではなく、使っていくうちに慣れる可能性もあります。
しかし、家庭にあるもので対策ができるので、一度試してみてはどうでしょうか。

 

撥水タイプの壁紙に変えて拭き取れるようにする

どの対策も上手くいかず猫のマーキングが直らなければ、飼い主さんが割り切って、撥水タイプの壁紙に変える方法もあります。

 

去勢手術もしている、ストレスも取り除いた、それでもマーキングをするなら、猫を叱っても無駄でしょう。
マーキングが直らない個体なのだと割り切るしかありません。

 

撥水加工のある壁紙に変えると、オシッコを吹きかけられてもすぐに拭き取れます。
ニオイも取り除きやすくなるでしょう。

 

あえて猫がスプレーできる場所を与えることで、飼い主さんも猫もストレスが減ります。

 

猫がマーキングをした部分の消臭方法

猫のマーキング
猫がマーキングをした場所は、消臭しなければなりません。
ニオイが残っているとまたやる可能性が高いので、いろいろな消臭対策を試してみましょう。

 

洗剤を使ってよく拭き取ること

酵素入りの洗剤を使ってマーキングを拭き取ると、ニオイを分解してくれます。

 

熱湯を使って拭き取る

熱湯をかけられる場所であれば、熱湯でほとんどのアンモニアのニオイが除去できます。

 

ハイターを使って除菌してみる

ハイターなど漂白剤を使って直接マーキングの場所を拭き取るのも、アンモニアが中和されて効果的です。

 

重曹を使って消臭する

洗剤や熱湯などが使えない場所は、重曹を振りかけてマーキングのニオイを除去します。
水に重曹を混ぜた重曹水を作って、拭き取り用の洗剤にするのもおすすめです。

 

アルコールを使って拭き取る

変色の危険性がない場所なら、アルコールでマーキングのニオイが除去できます。

 

クエン酸を使ってアンモニアを中和する

水にクエン酸を混ぜ合わせておき、マーキングした場所に吹きかけます。
酸はアルカリ性のアンモニアを中和しやすく、ニオイ除去に役立つでしょう。

 

スチームクリーナーでニオイを浮かす

カーペットやソファなどのマーキングでは、熱い蒸気が出るスチームクリーナーでニオイを除去する方法もあります。

 

お酢を使って拭き取る

お酢でマーキングの箇所を拭き取ると、酸の力でアンモニアを中和しやすいでしょう。

 

布団に猫がマーキングする理由と対策

猫のマーキング
猫が布団の上にマーキングする場合は、通常のマーキングと意味が違います。
病気の可能性もあるため、よく観察するようにしましょう。

 

布団にマーキングをする場合は病気を疑う

猫が布団にマーキングをする場合は、発情期やストレスとは違う原因もあります。

 

高齢化して泌尿器疾患にかかっている場合や、若い猫でも膀胱炎や尿路結石で布団の上でオシッコをするようになります。
マーキングのスプレーは壁に吹きかけるようなオシッコですが、病気の場合は柔らかい布団の上や、ビニール袋などの上にオシッコをするのが特徴です。

 

このようなケースでは病気が疑われるため、病院を受診してください。

 

 

まとめ

猫のマーキングといっても、顔や肉球から出るフェロモンなら、飼い主さんにとって嬉しい行為ですよね。
しかし、スプレーによるマーキングは、強いアンモニアの臭いで迷惑している方も多いと思います。

 

困った猫のマーキングは、ちゃんと原因が隠れています。
猫を叱りつけてしつけることはできないので、飼い主さんが猫のためにいろいろと対策をしてあげてくださいね。