モンプチ猫缶・パウチは値段が高い?私が試したあらほぐしの口コミ

モンプチウエットフード
キャットフードのモンプチといったら、高級な雰囲気ですよね。
実際にお店で買ってみたら高かったので、「猫に毎日与えるのは少し贅沢かも?」と考えてしまいました…。

 

値段で猫缶を比較するのはよくありませんが、価格は気になりますよね!
そこで私は、「値段なりの商品なのか?」や「高いけど安全性に問題はないのか?」実際に試食して調べてみました。

 

猫のウエットフードを比較したい人は、私の口コミを参考にしてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

モンプチのウエットフードあらほぐしツナを買いました

モンプチウエットフード
今回購入したのは、モンプチプチグルメのあらほぐしツナです。
スーパーで買ったら、1袋94円でした。

 

CMでもお馴染みのモンプチとは?

 

モンプチといったら、「猫に食べる幸せ」がある高級フードのイメージがありますよね。
ネスレ日本公式が公開するCM動画では、種類の多さをアピールしているみたいです。

 

モンプチとは、

  • 無添加で安全性に配慮
  • 食べ応えがある
  • グルメの猫におすすめ

このような商品の特徴があります。

 

パッケージの表のデザイン

モンプチのパッケージには、白いチンチラペルシャが定番ですね。
真っ白で毛が輝いていて、上品な雰囲気がある猫を使っています。

 

モンプチはパッケージデザインと同様に、高級路線のキャットフードです。
金色の「モンプチ」の文字があるので、ワンランク上の猫缶という感じがしますね。

 

パッケージの裏側にある情報について

モンプチウエットフード
モンプチの裏側には「主食だけでなく、トッピングや少しお腹が空いたときなど」という文字がありました。
総合栄養食なので、モンプチ単体でも栄養がとれるようになっています。

 

実際に食べてみた

モンプチウエットフード
モンプチをお皿に開けてみました。
ツナ系のフードですが、魚の香りはあまりしませんね。

 

肉感がしっかりとあるので、猫ちゃんは食べ応えがあるはず。
ゴロゴロとした塊がいっぱい入っていて、グルメな猫ちゃんにピッタリです。

 

でも、魚の香りが強くないのはどうしてでしょうか?
パッケージにある原材料を見てみると、「なるほど、フムフム…。」

 

原材料の最初に書かれているのは、チキンなどお肉でした。
「あらほぐしツナ」とパッケージに書かれているので、ツナがメインだと思っていたのですが、肉系が多いので魚の香りが弱いんですね。

 

「魚クサイキャットフードは避けたい」
そんな人には、モンプチはおすすめです。

 

実際に私が食べてみたら、「レバーっぽい?」
以前の記事でピュリナワンのチキンもレバーぽいと紹介しましたが、モンプチも同じように内臓系の味と食感に似ていましたよ。

 

 

キャットフードのモンプチを試してわかったメリット・デメリット

モンプチウエットフード
実際に私がモンプチを試してみて、メリット・デメリットが見つかりました。
お値段が高いフードなので、買って失敗しないよう、あえて悪い点も紹介しますね。

 

メリット

私が感じたモンプチのメリットは、以下の4点です。

  • 総合栄養食である
  • 高級感がある
  • 合成着色料と香料が無添加
  • 食べた感がしっかりある

 

モンプチのメリットは、何よりも高級感の高さでしょうか。
猫ちゃんも喜んで食べてくれそうですし、飼い主さんも「いいものを与えている」という満足感が感じられるフードですね。

 

モンプチは、しっかりブランディングされている感じがしました。
ゴージャスな猫をモデルに使っているのも、そういったプレミアム感を重視する人向けにつくられたフードだからなのでしょうね。

 

コンセプトがしっかりしている分、モンプチは人を選ぶ商品だと思います。
また、ゴロゴロとした肉感やスープによる水分補給もできるので、猫ちゃんが食べる楽しみを感じやすく、猫ちゃんの尿路疾患予防にもおすすめです。

 

デメリット

モンプチを試してみて、以下の3点のデメリットを感じました。

  • あらほぐしツナなのに肉が多い
  • 量が少ない
  • 香りが少ない

 

表のパッケージに「あらほぐしツナ」と書いてあるのに、なぜ肉が主原料なのでしょうか。
私が食べてみたところ、ツナ感はほとんどありませんでした。

 

だったら、「チキン味」にすればいいですよね。
表面に書かれている味と食べた味が全然違うので、誤解を招きやすい商品だと思いました。

 

また、肉が多いので魚の香りは少なくなっています。
魚の香りが好きな猫ちゃんだと、ニオイだけで食べないかもしれません。

 

量が少ないのは、プレミアムフードなので仕方がないことですね。
「高いから嫌だ」「少なすぎる」と文句を言うような庶民向けではありませんから。

 

商品の特徴を理解して買うなら、よくできた商品ですよ。
自分に合うかしっかり見極めてから購入するといいと思いました。

 

ネット上にあるモンプチの良い評判と悪い評判

モンプチウエットフード
私だけの口コミだと信ぴょう性に欠けるので、楽天にある口コミを集めてみました。
ネットにある評判をチェックしてから買いたい人は参考にしてみてくださいね。

 

良い評判

モンプチシリーズはプレミアム感はないけれど食い付き第一だし総合栄養食ということでお試し。フレークタイプは苦手なんだけどよく食べてくれました。

 

ミックス11歳、オスとメスは平均して食べますね。なぜか高級なウェット食は2匹とも匂い嗅いで食べない事が多いのです。

安定してモンプチシリーズは食べるので、またリピートします。

 

悪い評判

お魚バラエティとありますが、主原料はお肉なのでお肉フードが好きではない子だと好みが別れそうです。

トロッとしたスープが絡んでいる、お肉系の匂いの強いフードです。

 

モンプチの値段は高い?Amazonと楽天の通販価格を比較してみた

スーパーで買うと値段が高いモンプチなので、ネットで安く買えると嬉しいですよね。
通販で買いたい人向けに、Amazonと楽天の価格を調べてみました。

 

楽天 Amazon
単価 75円 87円
送料 7,800円以上送料無料あり 290円
URL 楽天市場リンク Amazonリンク

 

楽天の場合は、キャットフードの価格競争が激しいのか、単価が安い商品がありました。
ただし単価が安くなると、送料の設定が高いことがあるため注意して選んでくださいね。

 

Amazonでは、楽天と比べて単価はやや高めの設定です。
数個まとめで販売している商品のほうが、Amazonでは送料無料になり買いやすいと思いました。

 

モンプチを販売するネスレ日本では、通販はありません。
私がスーパーで買ったときは94円だったので、楽天とAmazonどちらも単価を安く買いやすいのでおすすめです。

 

モンプチは体に悪いのか成分の特徴を調べてみた

モンプチウエットフード
モンプチを猫に与えるときに気になるのは、品質ではないでしょうか。
成分表示を見ながら、猫に安心して与えられるのか調べてみました。

 

カロリー

モンプチのプチグルメは、1袋50g入り、1袋約38キロカロリーです。
少量パックとなっているので、1袋だけでは必要なカロリーを満たすことはできません。

 

1kgの体重に対して、モンプチは約1.5袋が必要になります。
モンプチ単体だけだと、3kgの猫であれば4.5袋も必要になりますね。

 

カロリーの少なさから、モンプチは単体で与えるのはおすすめできません。
カリカリのトッピングやおやつとして与えるのがよさそうですね。

 

塩分など栄養成分

モンプチの保証成分は、以下の内容です。

  • たんぱく質:10%以上
  • 脂質:2.5%以上
  • 粗繊維:1.5%以下
  • 灰分:2.6%以下
  • 水分83%以下

 

灰分が塩分のことなので、モンプチの塩分は一般的です。
素材に含まれる塩分だけで、別途塩分を加えていないので、猫ちゃんに安心して与えることができますね。

 

全成分

モンプチに使われている全成分を見ていきましょうか。

チキン・ラム・家禽ミール・小麦タンパク・ツナ等・鶏脂・ぶどう糖・タウリン・増粘多糖類・ミネラル類・ビタミン類・カラメル色素

 

モンプチの材料を見てみるとわかるように、肉がメインのフードです。
ツナはそれほど多く入っていないので、肉が苦手で魚が好きな猫ちゃんには注意して与えてくださいね。

 

増粘多糖類は多くのメーカーで含まれているので、問題ではないでしょう。
ただし、小麦タンパクやブドウ糖の炭水化物が添加されているので、グレインフリーではないので注意してください。

 

モンプチは体に悪いのか?

モンプチは添加物が少なめなので、体に悪いとはいえませんね。

 

素材として気になるのは、家禽ミールではないでしょうか。
鶏肉やラム肉など原材料が書かれていると安心ですが、家禽ミールとなっているとどのような肉類が混ざっているかわからないためです。

 

モンプチは、材料はシンプルではないと思いました。
恐らく猫の食いつきを考えられた配合なのだと思うので、必要な材料なのでしょう。

 

「魚だけ」などシンプルな材料のフードを選びたいなら黒缶など別のものを選ぶようにしてください。

 

 

モンプチとピュリナワンを比較してみた

モンプチウエットフード
同じネスレ日本から販売されている総合栄養食は、ピュリナワン・フィリックスがあります。

 

価格でいうと、ピュリナワンが135円なので最も値段が高くなっています。
しかし、モンプチは入っている量が少ないので、ピュリナワンと同等の価格帯だと考えておいてもよさそうです。

 

モンプチとピュリナワンの違いは

  • モンプチ:特別な日の食事に
  • ピュリナワン:カリカリのトッピング

普段使いするならピュリナワン、特別なシーンで使うならモンプチがおすすめです。

 

モンプチのQ&A

モンプチを選びたい人向けに、素朴な疑問をまとめてみました。

 

ささみ・舌平目・サーモンはある?

モンプチのプチグルメに、これらの単体の味はありません。

 

ただし、「若鶏とサーモン」はありますし、「白身魚のグリル」はあります。

 

モンプチスープは子猫にあげられる?

モンプチのスープは、子猫用が売られていません。

 

モンプチスープとチュールの違いとは?

モンプチのスープの「コンソメ風」と「クリーミー」ならチュールの代わりに使えそうですね。

 

ただし、モンプチにはおやつ専用商品があります。
チュールと同等の商品を探しているなら、モンプチナチュレキッスを選んでください。

 

モンプチ基本情報のまとめ

正式名称 モンプチ プチグルメ
会社名 ネスレ日本
住所 兵庫県神戸市中央区御幸通7-1-15
電話番号 0120-005-916
公式URL https://nestle.jp/brand/monpetit/

 

モンプチのパウチを試した口コミのまとめ

モンプチウエットフード
我が家で飼っていた猫に、モンプチは一度もあげたことがありませんでした。

 

今回私が身をもって実食してみたところ、「肉感が強いな」と感じました。
内臓系の肉の味がするので、猫ちゃんの食いつきはよさそうですね。

 

モンプチは入っている量が少ないので、単体というよりトッピングにおすすめ。
または、特別な日や水分補給をさせたいときなどに使ってみるとよさそうです。

 

私の口コミが、猫餌選びの参考になりますように。

当サイトは、独自に14種類の総合栄養食ウェットフードを比較しています