猫の維持費

猫飼う費用
猫に月々かかる費用はたった4,000円です。
しかし、維持費はそれだけではないため、事前にチェックしておきましょう。

 

一人暮らしの方が猫を飼おうと思っている場合や、大学生でアルバイトしながら猫を飼おうと思っている方は、猫にかかる費用の詳細をチェックしてみてください。

 

 

猫を迎えるときの費用

猫の月の費用
猫を迎えるときの費用は次の通りです。
初期費用と必要に応じて購入する道具で分けて考えましょう。

初期費用
品名 価格 必須なもの
生体代 10~20万円 ×
マイクロチップ 3,000~5,000 ×
3種混合ワクチン 3,000~5,000円
5種混合ワクチン 6,000~8,000 ×
トイレ本体 1,000~4,000円
猫砂 500円
キャリーケース 3,000~1万円
爪とぎ 200~300円
キャットフード 2,000円
必要に応じて必要なもの
猫用爪切 1,000~2,000 ×
猫用食器 100~2,000円 ×
おもちゃ 100~1,000円
シャンプー 500~2,000円 ×
ブラシ 1,000~5,000円
去勢・避妊手術 2~3万円

 

猫本体の費用

猫の月の費用

ペットショップで猫を買う場合は、初期費用として10万円以上の費用が必要です。

 

猫の品種によっては20万円以上するものもあるため、血統書付きの猫を求めるなら、初期費用は高くなると考えておきましょう。
野良猫を迎え入れるときや、保護猫を引き取る場合は、生体代は無料です。

 

マイクロチップの費用

ペットショップで猫を買う場合は、マイクロチップをしていることが多く、マイクロチップ代として別途3,000円~5,000円の費用がかかることがあります。
生体代に含まれておらず別料金のこともあるため、事前に確認しておきましょう。

 

初期費用

猫の月の費用
猫を迎え入れるときは、最低限必要な物だけを用意しましょう。
最低限必要な費用だけを考えると、初期費用だけで最小で9,700円、最大でも21,800円です。

 

予防接種

予防接種は動物病院によって差があるため、事前に確認しておいてください。

3種混合ワクチン・・・3,000~5,000円
5種混合ワクチン・・・6,000~8,000円

 

3種混合とは「猫ウィルス性鼻気管支炎」「猫カリシウィルス感染症」「猫汎白血球減少症」に対するワクチンで、空気感染を防ぐ内容です。
5種混合は他の猫と接触する場合に必要で、「猫白血病ウィルス感染症」「猫クラミジア感染症」に対して予防ができます。

 

トイレ本体

猫用のトイレは初回に1回買えば、猫が生きている間ずっと使えるグッズです。

 

低価格の猫トイレでは1,000円程度から、システムトイレだと4,000円くらいします。
猫のトイレは幅が広いものを選ぶと、猫の体を回転させて砂をかけられるためおすすめです。

 

 

猫砂

猫砂は1つ500円くらいで、コスパはよくなっています。

 

素材は紙、鉱物、木製、おから、シリカゲルです。
毎日使うもののため、できるだけ安くて購入しやすい商品を選びましょう。

 

さらに初期費用を抑えたい方は、新聞紙を割いたものをトイレにする方法があります。
慣れれば、新聞紙を敷いただけで猫はトイレしてくれることもあります。

 

 

キャリーケース

猫の月の費用

猫を自宅に連れ帰るときに必要となるため、キャリーケースは最初から必要です。

 

子猫の場合は抱っこして連れ帰ることができないわけではないですが、猫の安全性を考慮してキャリーバッグがあると安心です。
キャリーバッグは、最初の健康診断やワクチン接種にも必要となります。

 

価格は安いもので3,000円程度、高いもので1万円くらいです。

 

爪とぎ

爪とぎは一番安い段ボール製を購入すれば、200~300円程度です。

 

猫が爪を研ぎやすい素材は段ボール製で、価格が安く初期費用が少なくできます。
ベッドになった爪とぎや、インテリア性が高いものは、初めから用意する必要はありません。

 

キャットフード

キャットフードは安いものから高いものまであります。

 

子猫の場合は月に2,000円~、成猫の場合は月に4,000円~です。
ホームセンターで売られている安いドライフードを選ぶと、ひと月2,000円くらいに抑えることができます。

 

必要に応じて必要なもの

猫の月の費用
次に紹介するグッズはなくても代用ができるものや、なくても困らないものです。
初期費用を抑えたい方は、徐々に揃えていくこともできます。

 

猫用爪切(人間用で代用可能)

猫用爪切は1,000円くらいなので買っても負担になりませんが、なければ人間用で代用が可能です。

 

人間用の爪きりで猫の爪を切る場合は、血管が見えている手前まで切ってあげてください。
専用の爪切でないと、猫の爪が割れる可能性があります。

 

猫用食器(人間用で代用可能)

食器も猫専用のものを用意しなくても、100均の人間用食器でも大丈夫です。

 

猫は舌ですくってフードを食べるため、フチが高く盛り上がっているボウル状のものを選んであげてください。
フードをすくうときに食器をひっくり返す恐れもあるので、ある程度の重さがある陶器の食器が向いています。

 

猫用おもちゃ

猫のおもちゃは、飼い主さんが猫と早く遊びたい場合は、最初から購入しましょう。

 

ペットショップでも猫のおもちゃが売られています。
安く済ませたい方は100均の猫のおもちゃや、手作りのおもちゃでも代用が可能です。

 

キャットタワー

猫の月の費用

猫は高い場所にいると安心して過ごせるため、キャットタワーを設置してあげましょう。

 

背の低いタイプのキャットタワーなら5,000円くらい、背の高いものでは10,000~15,000円くらいの金額がします。
部屋のスペースに合わせてキャットタワーを選んでください。

 

長毛種ならシャンプー

長毛種の場合は定期的にシャンプーが必要となるので、安いものなら500円くらいから手に入ります。
人間用だと脱脂力が強くなるため、猫専用のものを選んであげてください。

 

ブラシ(人間用で代用可能)

猫用のブラシも最初から専用のものを買わなくてもよく、人間用のくしでも代用できます。

 

しかし、換毛期にはアンダーコートがごっそりと抜けるので、下毛除去専用のブラシはあったほうがいいです。
ファーミネーターやフーリーのような形状のブラシを1つ用意してください。

 

猫用のブラシは安いもので1,000円程度、ファーミネーターなどを買う場合は5,000円くらいです。

 

 

去勢・避妊手術費用

猫を迎えたら多くの家庭では去勢や避妊手術をするため、最初に2万円~3万円はかかります。

 

手術費用は動物病院でも変わりますし、オスとメスでも費用が違います。
猫に赤ちゃんを産ませる予定がなければ、生後6ヶ月以降に去勢や避妊手術をしておきましょう。

 

去勢や避妊手術は、生殖器を除去してしまうもので、発情期に猫に必要のないストレスを与えなくて済みます。
生殖器の病気にもかかりにくくなるため、メリットが高いとされているようです。

 

なくても困らないもの

猫の月の費用
ケージ、猫の洋服、猫の首輪はなくてもよいものです。
家庭によっては買うこともありますが、無くても猫を育てることはできます。

 

ケージ

ケージは猫グッズの中でも価格が高く、安くても8,000円~、高いものだと3万円くらいします。

 

先住猫がいて新しい猫を迎え入れるときに、お互いの猫を慣らすのにケージを使います。
猫をケージ内に入れて過ごさせることはできないので、猫の一時的なくつろぎ場所だと思っておきましょう。

 

洋服

猫用の洋服は基本的に不要ですが、シニア猫で体の保温が保てないときは必要です。
価格は2,000円~3,000円くらいの範囲内で買うことができます。

 

首輪

首輪も猫に付ける必要はありませんが、脱走癖がある猫は迷子札を付けるために、首輪をしておいたほうがよいかもしれません。
迷子札の代わりにマイクロチップでも代用することができます。

 

猫の月にかかる費用や維持費

猫の月の費用
毎月猫のためにかかる費用は、「キャットフード」と「猫砂」だけです。
平均価格から見ると、月にかかるキャットフード代は2,599円で、猫砂は1,000円くらいのため、毎月4,000円で済むことになります。

 

キャットフード

キャットフードは1袋1,000円くらいの安いものもあれば、プレミアムフードは1袋5,000円以上するものもあります。

 

猫は飼い主さんが与えた食事しか食べられないので、長生きして欲しいなら、一番費用をかけてあげてください。
水を飲む量が少ないと猫は尿路疾患にかかりやすく、一度発症すると一生高い費用の療養食や医療費がかかります。

 

人間でも食に拘れば病気になりにくいのと一緒で、キャットフードも質に拘れば猫の病気予防になります。
猫には健康保険がないため、質の高い食事を選んで病気を防いでください。

 

最も避けたいのが、ホームセンターやスーパーで売られている安いキャットフードです。
酸化防止剤などの添加物が多く、副産物や4Dミールなど避けたい成分が入っています。

 

「全国犬猫飼育実態調査」の統計

一般社団法人ペットフード協会が調査した平成30年の「全国犬猫飼育実態調査」では、1匹の猫に毎月平均で総額6,236円かかり、キャットフードは2,599円かかっていることがわかっています。

 

最低限必要なものはキャットフードと猫砂だけのため、妥当な金額です。
出典:https://petfood.or.jp/data/chart2018/5.pdf

 

猫砂

猫砂は1袋500円だとしても、月に2袋買えば足りるため、月額1,000円が目安です。

 

予想外の出費となるものの費用/h3>

猫の月の費用
猫を買うと目に見えない費用や、思いがけない出費も考える必要があります。
医療費や空調代は飼い主さんが予想しないところでかかってきます。

 

猫の医療費

動物病院の治療費はかなり高く、1回診察するだけで1万円は飛びます。

 

レントゲンを撮って薬を処方してもらうだけでも、1万円~2万円くらいは覚悟しなければなりません。
猫は症状を訴えることができず、獣医さんは検査でしか病状を判断できないため、複数の検査が必要なことも多いです。

 

猫は敵に察知されないため具合が悪くても我慢しやすく、症状がかなり深刻してからでないと、飼い主さんも猫の異変に気が付かないこともあります。
重症化してからの受診となれば、入院や手術費も考慮しなければなりません。

 

ペット保険料

猫を買う場合は万が一に備えて、ペット保険の加入も考える必要があります。

 

最近は楽天のペット保険が登場して、月々480円でも加入できるようになりました。
平均的なペット保険は、年間2万円~4万円です。

 

月額費用で計算すると、1,700円~3,400円はかかることになります。
猫の年齢が上がるほど保険料も上がっていくため注意が必要です。

 

仮に年間2万円の保険料を15年間続けたとすると、猫の生涯で30万円もかかります。
ペット保険料が高いと思う方は、毎月1,000円でもよいので猫の医療費として積み立てていきましょう。

 

空調代

見えない費用として空調代が、猫のために別途かかります。

 

飼い主さんが外出中に猫のために暖房をかける必要はありませんが、日本の夏はかなり蒸し暑いため、夏に冷房をかける必要はあるでしょう。
夏に冷房代として数千円~1万円くらい上がることを覚悟しておいてください。

 

 

猫を飼って後悔する前に費用のデメリットも確認しよう

猫の月の費用
猫を飼う場合は毎月の維持費だけで考えないで、これからの生活で猫を飼うことができるのか、長い間費用を出し続けられるか考慮しましょう。

 

一人暮らしで猫を買うのはおすすめできない

猫を飼うときの維持費を考えると、一人暮らしの方が猫を飼うのはおすすめできません。
ましてやアルバイトをしながら学生業をこなしている大学生の場合は、万が一の際には猫の費用を捻出できない可能性があります。

 

猫を飼うのは月々4,000円と考えると、学生の方でもやっていける感じがします。
しかし、就職で猫を飼えなくなるリスクや、結婚や子どもが生まれたときに猫がいると困ることもあるのです。

 

猫の生涯には100万円かかる

猫を飼うときの費用は、初期費用として1万~2万円、月々の費用は4,000円です。
意外と安いと思った方もいると思いますが、それは万が一の費用を考慮していなからでしょう。

 

普通に飼っていても猫の一生には100万円かかります。
病気をすれば数万円単位で飛んでいき、手術や入院をすれば数十万円かかるのです。

 

これから猫を買う方は、「それだけの費用を猫にかけられるか?」をよく考えてください。
猫を買うことはデメリットもあるため、事前に確認しておきましょう。

 

 

まとめ

猫に毎月かかる費用は安いと思ったでしょうか?
本当に猫の健康を考えるなら、安いフードで済ませるのではなく、少し高いキャットフードを選んであげてくださいね。

 

体の小さな猫はフードの添加物の影響を受けやすいからです。
猫が長生きするようになりがんを発症する子も増えているため、病気をせずに1日でも健康で生きてほしいと考えるなら、フードに費用をかけるようにしてください。